ホーム

武宝会について

活動予定

宝生流の仕舞・謡・舞囃子にご関心のある方はごゆっくりご覧ください。

活動報告

能楽師登坂武雄

                      ホームページ

謡曲・仕舞・能樂へのお誘い

   節木増

江戸時代 作者不詳

登坂舞台

{能とは}

 能は「和風ミュージカル」です。 

シテ(主人公)が主に面(おもて)をつけて装束(衣装)を着けて、笛や太鼓、小鼓、大鼓、地謡(じうたいと読みコーラスでナレーションをする)に合わせてまいを舞ったり、物語のセリフを謡う歌劇です

{仕舞とは}

 笛や太鼓などの囃子を入れず、謡(うたい)読みコーラスのみで、舞を舞うことをいいます。面、装束を着けず、紋付、袴の姿です。

{謡とは}

 独特の節をつけてセリフや物語を謡います。

{舞囃子とは

 能の楽器を担当するのは笛、太鼓,大鼓、小鼓の4種類です。それらをまとめて「囃子」と呼び、囃子と地謡に合わせて能の一部を舞うことです

能楽ビギナーズ座
宝生流

宝生流能楽師  登坂武雄

 1945年生まれ

 宝生流宗家 宝生九郎 宝生英雄に師事

 1968年武宝会設立

 平成3年 重要無形文化財(能楽)指定

   <更新情報>

17/06/2013 活動予告

03/06/2013 ご意見をホームハンドラーに、

05/05/2012 杜若

10/11/2011 多彩な表情を見せる[能面]

       表情をくずさない「直面」

8/22/2011 手賀宝生会

6/29/2011「足元の美学」

          「武宝会素謡会」

3/30/2011 武宝会新年会

3/23/2011 国栖

宝生会

ねりま大好き!

 練馬区観光協会

ねりま人#36

 登坂武雄

武宝会

登坂武雄先生を師事し宝生流謡曲・仕舞の隆盛と会員相互の技術向上及び親睦を図り、重要無形文化指定登坂武雄師の芸術活動を援助、後援をるす会です

能 紅葉狩シテ登坂武雄 撮影名鏡勝朗

春日龍神シテ登坂武雄 撮影名鏡勝朗

謡蹟めぐり 

 高橋春雄

仕舞 養老 登坂武雄

宝生会 春の別会 21年5月22日

撮影 名鏡勝朗

日本の伝統芸能・世界無形文化遺産・
    手賀宝生会

このホームページをご覧いただきありがとう!!

ここをクリックして、(黄色の部分)

ホームハンドラーにご意見ご感想を(全角千字以内)!!

送信者アドレスを記入してください

より良いホームページに改良、改善して行きたいと思います。